<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 日経225初の実践10円抜きセミナー「たかが10円されど10円、驚異の勝率で市場を出し抜く!日経225、10円抜きセミナーテキスト(PDF)」+DVDセット | main | AAA FX 自動錬金ソフトウェア (トリプルエーFX Auto Alchemy Agent) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

コキ・コーユーの「日経225 テクニカル解析法」

コキ・コーユーの「日経225 テクニカル解析法」



商品詳細情報
1日15分、独自の解析法による指標線を書き込むだけで、節目となる重要ポイントが表示されるようになっています。商材には基本的な解析法と、実証として07年10月11日〜08年6月27日までの間で、節目となる45日について記載し、解説してあります。テクニカル分析を独自に応用・発展させた波動分析から売買ポイントを表現し、その裏付けを取るという解析法になります。

日経225のトレードに有効なテクニカル解析法があります。

 あなたは日常のトレードで小損大利を実行できていますか?

 実践的な手法を身につけて、今まで以上に賢者のトレードを

 したいとおもいませんか?

 もし、あなたが必要とするなら、ここに今までとは違う

 全く新しい解析法があります。

 トレードの世界では9勝1敗でもマイナスになり、勝てない

 こともあります。




 

 実際に、トレードで損切りのタイミングが遅くなったり、

 大きな利益が取れるのに早く手仕舞ってしまう、そんな経験を

 されたことありませんか。






 では、なぜそういう結果になるのでしょうか。



 


 それは、相場の流れやポジションの意味がよく把握できて

 いないからではないでしょうか。






 例えば、12500円で買ったものが13500円まで上昇

することがわかれば、13000円で売る人はいません。

 反対に、12500円で売ったものが13500円まで上昇

 することがわかれば、誰でも損切りをするでしょう。






 しかし、実際には情報に惑わされたり、ダマシ、揺さ振り

 など、いろいろなことに振り回され、うまくいかない時が

 あります。






 もし、あなたがそんな経験を少しでもされているのでしたら

 一度、このテクニカル解析法を試してみませんか。






 この解析法は、情報操作、ダマシ、揺さ振りなどの要因も

 織り込み、その波動分析を基に解析してありますので、的確

 に売買のポイントを表現することができるようになっていま

 す。そして、売買ポイントの裏付けの取りかたまで詳細に

 解説してありますので、わかりやすいかとおもいます。





 1日15分、独自の解析法に基づいた指標線を書き込むだけです。



 この解析法によって、下記の高値・安値が表示・表現されています。



            07年10月12日  高値

               11月22日  安値

               12月19日  安値

            08年 1月22日  安値

                7月16日  安値



 上記の他にもポイント表示はあります。

 商材にて、ご確認いただければ幸いです。        

         

   


 今回は無料配信メール(週1回、その他に臨時便有)を3カ月送らせていただきます。


 コキ・コーユーの「日経225 テクニカル解析法」商材価格 ¥23800−

 

 お申込はコチラ


 

 ここ数年、相場環境は大きく変わりました。どのマーケットにも多くの資金が投入さ  れ、マネーゲームの様相になっています。




 

そんな相場環境の中、投資家の皆さんは昨年来の株価の暴落で損失を
出した方も多いのではないでしょうか。



情報を集め、チャート分析に基づいたトレードをしてもなかなかうま
くいかない、あるいはシステムトレードで一時的に利益が出ても続か
ず、損失の方が大きくなってしまい、スッキリしない日々を過ごして
る方も多いのではないでしょうか。




 

ご存知のように、現在は地球規模で投機マネーが世界中を駆け廻って
います。



      

その目的は何なのでしょうか。



 

世界戦略物資である原油・金・穀物の高騰が続き、それらを求めて穀
物メジャー・オイルメジャー・金市場を支配するアングロサクソン系
やユダヤ系資本、それに米・欧州・中東・中国・ロシアや政府系ファ
ンドなど、いろいろな国や投機筋がそれぞれの事情や思惑をこめて戦
い、その結果として莫大な量のマネーが動き、投機が活発化している
、そんな構図になっているのではないでしょうか。





 



謂わば、我々は世界戦略という大きな渦のなかで方向感を失ってさ迷
う鳥のような存在になっているのだと思います。



彼ら投機筋は戦略を練り、協調や談合、そして情報操作など、あらゆ
る策略を駆使し、先物やオプション・FXなどのマーケットを動かし、
瞬時に巨額のマネーを奪い去っていきます。


彼らは周到に準備し、目標を定め、的確なシナリオのもと、巧みな演
出で投資家をダマシ、欺き、篩い落としていきます。


そんな大きな渦の中で投資活動を行っているということを再認識する
必要があるのではないでしょうか。





日本のマーケットにおいても、昨年来の暴落は、バブル崩壊の時と同
様、彼ら投機筋が必要以上に株価を膨張させ、加熱状態を意図的につ
くり上げていき、風船を破裂させた、そんなシナリオだったように思
います。



このような状況の中、いかにして相場に勝つかを考えなければなりま
せん。


いい加減な情報に左右されたり、無機質なシステムトレ−ドに頼って
いては、勝利者になることはできないのではないでしょうか。



今こそ、どのような局面にも対応でき、自信を持ってトレードに参加
できる、そして将来的に勝ち続けるための手法を身に付けるべきでは
ないでしょうか。




 





相場においては日常茶飯事的に、疑問に思ったり、不安感に襲われた
りする事があります。

  どこまで上がるのか、どこが底なのか、ここで買うべきか、あるいは
売るべきか、決定的な答えが出せないまま相場を続けている人がほと
んどではないでしょうか。私自身もこのようなことを数多く経験して
きました。



勝っても負けても、ただ漠然とトレードをしてる人、情報に惑わされ
たり、アナリストの予想を頼りにトレードしてる人、迷いからいつも
 後手になってしまい利益が出ても僅か、買ってみたらもう一段のきつ 

い下げで損きりさせられた人、そして当てゲームのようなギャンブル
と勘違いしてる人、しかし十分な知識や裏付けなしではギャンブルに
なってしまいます。


相場をビジネスにするか、ギャンブルにするかはあなた次第なのです
。ギャンブルでは金は残りません。相場をビジネスとして確立するに
は、それ相当の条件と努力が必要なのではないでしょうか。


航海上の船に羅針盤が必要なのと同様に、相場にもテクニカル解析を
基にした指針が必要になります。

そして熱波や寒波を事前に察知し、いかなる状況や局面にも対応して
いかなければならないのではないでしょうか。

テクニカル解析の重要性を理解し、その応用によって様々な局面に対
応する事が必要になってきます。

相場は戦いですから、戦場では相手の動きを察知し、戦力を分析し、
戦略を解析する事が重要であり、大前提になってきます。

相手がどんな戦い方をしてくるのか、どんな攻め方をするのか、その
戦法を分析し、どんな局面にも対応できる解析法を身に付けなければ
勝つことはできません。

コキ・コーユーの「日経225 テクニカル解析法」

 
デジタル全盛の時代、トレード方法は進化してますが、談合や協調、
情報操作など、人間の思考回路はアナログのままです。

その思考回路に入り、彼らの野望や欲望に満ちた数値を有効的な方法
で分析をする、テクニカル解析の重要性はここにあります。

相場を動かすのは人、人の野望や欲望・都合・事情・ダマシなどが相
場を動かす要因になります。

そして、相場を上昇させるのは売り手、下降させるのは買い手である
ということ、これらのことを解析していかなければ相場で勝つことは
 できないのではないでしょうか。


江戸時代の偉大な観相家が「人の相は食にあり」と説いています。ど
んなに強運・福相の人でも暴飲・暴食など生活が乱れると相は変わり
ますよ、そんな意味だったと記憶してますが、相場にも字のごとく相
があります。観相家の言葉を借りれば、その相も暴力的な投機筋のマ
ネーが変えてしまうということではないでしょうか。

 このような相場環境のなかで、ある程度はテクニカル分析などで解っ
 ているが、いざ売買となると半信半疑で躊躇してしまう、このような
 ケースが多いのではないでしょうか。

 もう少し確信の持てる目標値やポイントをハッキリ表現できるものは
 ないのか、そのような観点から思考を重ねた結果、天・底・押し目買
 い・戻り売りなどのポイントを表示できる解析法を実現することがで
 きました。

 難しいことではなく、1日15分、独自の解析法による指標線を書き
 込むだけで、節目となる重要ポイントが表現されるようになっていま
 す。

 今回は日経225での解析になりますが、個別銘柄や為替にも適用で
 きる解析法になっていますので、応用範囲は広く、効果的にポイント
 を表示しますから売買のタイミングを的確に捉えることができます。

 商材には基本的な解析法と、実証として、07年10月11日〜08
 年6月27日までの間で節目となる日を抜粋し、45日について記載
 し解説してあります。

 投機筋の思惑やマネーの流れを読むには優れたテクニカル解析が必要
 であり、ダマシや揺さ振り、そして篩い落としを見破るにはこの方法
 しかないのではないかとおもっています。


コキ・コーユーの「日経225 テクニカル解析法」     お申込はコチラ


ここで私自身の基本的な相場分析について、書いてみたいとおもいます。
 まず長期トレンドに重点を置き、長期的にどの方向を目指しているのかを分析します。
 通常の場合、この分析は50日線と75日線を使い、両線のクロスや傾きで判断する様 にしています。
 長期的な流れが解かれば、短期あるいは中期的な相場は長期的な流れのなかでの1
 過程ということになりますので、長期トレンドが上昇であれば、短中期の中での下げは 押し目、長期トレンドが下降であれば、短中期の中での上げは一時的な戻りということ になります。
 
 長期的な判断がつきにくい場合には中期20日線・30日線で目先の短中期的な動きを つかむようにしています。
 勿論、他の指標も使って判断することになりますが。
 そして最終的には独自の解析法からポイントをつかみ、タイミングを計ってトレードし ております。

 実際の相場においては、ある程度のことは把握できても投機筋やファンドのダマシ・揺 さ振りからタイミングがつかみにくい、そんな状況に直面することが多くなります。
 そのような時、独自の解析法が、指 針として売買のポイントを的確に表現してくれま す。

 この解析法は書籍やアナリストの文章などでも目にしたことはなく、あなたの投資生活 を向上させ、勝利を齎すものと確信しております。

 個人差にもよりますが、月に2〜5回の短期〜中期トレードで一月あたり70〜99% の利益は可能かとおもいます。
 

ちらっと人気ブログランキングへ

SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート


不労所得で金持ちへの道

臨時収入委員会

ネットで稼ぐ王国 -ネットバイトで賢く稼ごう-

パーティリスト

>>続きを探しに行く
OMEGA * 儲かる情報商材  * 22:57 * comments(0) * trackbacks(4) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 22:57 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

資産運用

資産運用
From 資産運用 @ 2008/08/24 2:00 AM

資金調達

資金調達
From 資金調達 @ 2008/08/24 1:23 AM

返済シミュレーション

返済シミュレーション
From 返済シミュレーション @ 2008/08/17 5:26 AM

小口化不動産投資

小口化不動産投資
From 小口化不動産投資 @ 2008/08/16 9:30 AM
このページの先頭へ