<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< キムタクついに“圏外”に…TVタレントイメージ調査 | main | 友近のDHCプロテインダイエットは効きます。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

<訃報>忌野清志郎さん58歳=ロック歌手 がん治療続け

 <訃報>忌野清志郎さん58歳=ロック歌手 がん治療続け
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090502-00000100-mai-soci


「ベイベー!」や「愛し合ってるかーい!」などの決めぜりふ、奇抜な衣装と演出で知られるロック歌手、忌野清志郎(いまわの・きよしろう、本名・栗原清志=くりはら・きよし)さんが2日、がん性リンパ管症のため死去した。58歳だった。葬儀は9日午後1時、東京都港区南青山の青山葬儀所。喪主は妻の栗原景子(くりはら・けいこ)さん。

 東京生まれ。68年に中学校の同級生らと、忌野さんをリーダーとするバンド「RCサクセション」を結成、70年に「宝くじは買わない」でデビューした。72年には「ぼくの好きな先生」が、82年には坂本龍一さんと組んでリリースしたシングル「い・け・な・いルージュマジック」が大ヒットし、日本の「ロックの神様」としてコンサートのほか、CMや映画などで活躍した。

 一方、「音楽は時代の刺激剤であるべきだ」との信念を持ち、政治的なメッセージを込めた歌も歌った。そのため、反原発を扱ったアルバム「COVERS」やパンクロック風にアレンジした「君が代」が入ったアルバム「冬の十字架」が一時、発売中止になったり、コンサートで突然「あこがれの北朝鮮」「君が代」を歌って、FM中継が中断したこともあった。

 06年7月に喉頭(こうとう)がんと診断され入院。治療を続けた後、08年2月に日本武道館で本格復帰した。しかし、同7月、左腸骨にがんが転移していたことが判明、再び活動を中止し放射線治療などを続けていた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




RCサクセションの、トランジスタ・ラジオのイメージが高校生の頃の「最高の僕」

そういうのが、なんだかいいと思っていた。

そんな、「高校生の僕」

もう、戻れない、戻らない。

僕と、君。

せめて夢でと願う僕。

もう、戻れない、戻らない。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

残念、本当に残念。

rockを通して、自分を伝えることのできるメジャーな唯一のミュージシャン。

すげーかっこいい。
おじさん。

きっと、この人junk foodばかり食べてるんだろうなぁ〜って思っていた。

けど、大人になって学生の頃、滅多に読まなかった新聞や情報誌で知った。

忌野さんは、子供もいて、自転車が大好きな人と。

ちょっと、ショックだったけど。

大人になっていたから、「あぁ〜ロックスターも年を取るんだ」ってマジで思った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕の青春のバックミュージックの一つだったRCサクセション。

本当に、ありがとうございました。

これからも、ラジオで曲が流れるたびに思い出します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詩:かんりにん
Copyright (C) 2009 臨時収入委員会 All Rights Reserved.
OMEGA * - * 23:17 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:17 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ